前へ
次へ

転職したい場合の営業求人

転職で営業求人を探す場合、他の業種よりも特殊な部分が多いので注意が必要です。例えば新卒の場合なら、男性はたいてい営業職から入ることが多いです。営業というのは自分の会社の業務をきちんと把握し、相手にプレゼンしていく必要があるので、自然と会社のことを覚えていきます。そのために新卒は営業からやらせる場合が多いようです。しかし転職の場合は少し勝手が違います。営業求人というのは、新入社員ではなくて営業ができる人材を探しています。そのため「前の会社で入社したてのときに営業はやったことがあるから」というだけで簡単にできるものでもありません。ある程度営業という業務に特性があり、「会社の業務や製品を売り込む仕事がしたい」というような意欲がないと難しいです。なんとなく条件に合った求人を見つけたから、というような理由だけで勤めても、自分に合わなくてすぐにやめたくなってしまった、ということになりかねません。自分に向いているかどうかをきちんと見定めましょう。また、営業というのは給与の形態もいろいろです。新入社員が営業からやらされるような場合には、もちろん給与はきちんともらえます。バンバン成績を上げれば、それにプラスしてボーナスが出るかもしれませんが、新入社員でそれはなかなか難しいでしょう。新入社員の営業はとにかく「会社へのならし期間」という意味合いなので、成績が取れなかったからと言って給与を減らされたり、生活に困窮するようなことはありません。しかし最初から営業職として転職する場合にはそうではありません。会社は営業ができる人材が欲しいので、成績が上がらなければ雇う意味がありません。そのため、基本給が少なめな場合もあります。もちろん成績にはムラも生じるのでその辺りは考慮されるでしょうが、基本的には基本給プラス歩合制というところが多いようです。なので、歩合で稼がないと場合によっては困ることもあるかもしれません。給与体系をきちんと把握することが大切です。

コア業務とノンコア業務の切り分け
本業に集中できるようオンラインアシスタントをご利用しませんか?

研修が充実しているモデル・CAのための転職サポート
300以上ある「e-leaning研修」を無料で利用することが可能です。

バイトルなど大阪でオンライン以外の求人広告にも対応可能!
バイトルなどWebだけでなく、SNSや折り込みチラシなどオンライン・オフライン双方へ求人広告を出せるよう対応できる会社です。

LINEから応募できる銀座のクラブの求人
スマートフォンから気軽に応募できるので、便利です。

お風呂施工の専門店

Page Top